ひきこもりニートの世界の終わり

ひきこもりニートの世界の終わり

このサイトを作って約1年がたった。結局ひきこもりニートのままで借金だけが膨らんでいった。それでも気持ちがなぜだか動かない切羽詰らなくてはいけない状況なのに行動に移せない自分が本当に嫌で自傷に近いこともしたが心が本当に不思議なくらい動かないのです。

 

映画や漫画ありとあらゆる心が動いた動画や泣いた話などを探した、何かのきっかけになるのでは?とたくさんの物を見たし本も読んだ。たしかに感動して涙が出てくる話もたくさんあったが自分が動く原動力にはならなかった。

 

この一年身近な人に本当に世話になった・恩を返さなきゃって思ってもなぜか動けない

 

国民健康保険も滞納して有効期限切れてから役所にいってないから保険証も持ってない。

 

無保険者は、まず10割負担して医療費払ってあとから保険料払ったら差額返金しますって・・・無理だ・・
もう病院にもいけなくなった大きなけがをしたらどうなるんだろう。こういう健康保険を持っていない人の心理が分かった。行きたくても負担するお金がないから行けないんだ。役所に行って説明しても話が通じないことが多いので諦めて無保険者になってしまうのだろう。そして取り返しのつかないほど悪化してから病院に駆け込む方をテレビで見たことがあるの思い出した。

 

心療内科に通ってたころが懐かしい

 

借金も限界 350万円
税金の催告書でお腹痛くなる 保険証なくなった

 

部屋を引き払うお金もない  行く場所もない
売るものもない  

 

仕事してない歴数年・・・
人と話すのが怖い  発作的が起きそうで怖い

 

これが本当に逃げ場を失った終わりの一歩手前の世界なのだろう

 

ひとつ間違えたりうまくいかなかったらゲームオーバーだ

 

怪我や大きい病気したら 終わり

 

借金も解約一括請求されたら 終わり

 

スポンサーリンク 

今後についてひきこもりニートが考えた

動けなかった数年と同じ考えでいてもきっと自分は動けないだろう。

 

ただひとつ違うのが、なんとかならないくらい追い詰められているということだ。逃げ場は本当にどこにもない自分で切り開くしかないのだこのままいたら、今の自分では想像もできないような暗黒の世界を見ることになるだろう。

 

今まではなんだかんだ言って借金して逃げてきた・・・きっと心の奥底でまだこれだけお金借りれるから大丈夫とか甘えていたのだでももうそれもできない

 

本当にやるしかない 

 

精神不安は相変わらずだけど仕事するしかない

 

底辺の高卒だから高給の仕事は無理だから底辺らしく日雇いから這い上がってみる
仕事中に精神不安でぶっ倒れても「ネタ」になった程度に思って頑張るしかない

 

それ+ 携帯乞食で一点集中して保険料を払って無保険状態から抜け出す
さらに+してネットからの収益を増やせるようにすべての余った時間を使う

 

もう あとはない

人生のターニングポイント

人生には大きな分岐点がある どっちを選ぶかは自分次第、この一年間仕事をするという選択肢から逃げていた。ネットでの収益化を本気で取り組んでいなかった・・・結果どっちも何一つ進んでなくただのひきこもりニートのまま一年が過ぎだ。 死ぬ気で生きたら一年前が人生のターニングポイントになっていただろうし今こうして請求書に震える日々を送ってはいなかったはずだ。

 

今から今後の計画を立てる
底辺から這い上がる計画だ 

 

1月17日〜

今日 たった今からひきこもりニートを止める 

 

日雇いの仕事を探す
携帯乞食でまとまったお金を作る 
保険証を役所で発行してもらう

 

借金の優先順位をもう一度考える

 

最低でも一日6時間はサイト制作に時間を使う

 

 

 

スポンサーリンク



関連ページ

借金まみれとネット収入【脱出計画ログ5日目】
いろいろあって・・・とかいってられないくらい崖っぷちの奴の日記